スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青森最終日


1年も前から船の予約をし、宿を押さえ用意してきた小泊マグロ遠征もあっという間に最終日

船の予約などいろいろお世話になったこちらの船長にご挨拶




青森フェリーターミナルで入港を待っていると乗船予定の船が入ってきました

ところが、、、 通常は自力で接岸するフェリーも強風に煽られて

うまく接岸できずに乗客を乗せたまま、また出て行ってしまいました

2014083102.jpg



約1時間後、タグボートとともに帰ってきて

2014083103.jpg



押したり、引いたりして

2014083104.jpg



今度は無事接岸

2014083105.jpg



黄色いジャケットの方たちが引っ張っていた細いロープはこれから発射していました

火薬を使うんですね

2014083106.jpg



最後までこうしていろいろありましたが

とうとう内地(本州)から離脱 

2014083107.jpg



そして函館到着

2014083108.jpg

まだ200km近くも走らなきゃ着かないのに

ここで「帰ってきた!」って思いが胸をよぎるのはどうしてなんでしょう

長々と続いた青森遠征もこれで終わりになります

最後までご覧頂きありがとうございました

スポンサーサイト

階段づくし

 
階段国道は竜飛岬の観光案内にも載っていましたが

そのすぐ上に階段村道もありました





小泊 街中散歩 その2

小泊の町でのスナップを最後に。

あの震災以降に作られたのでしょうか



(カメラを構えた瞬間、雨が吹き付けてきて、、、)


物凄い長さの竹ざおを持っておじいちゃんが原付で走ってました

しかもサンダル履きです

2014082808.jpg



建物の塗装が傷んでいるのはそのせいなのでしょうか

だとしたら適正な料金設定なのかも、、、

2014082809.jpg


小泊 街中散歩


現在のとてもよく整備された漁港ができる以前の面影が随所に見られます





山並みが海岸近くまで迫っているので必然的に坂道が多くなってます

2014082804.jpg



かつてこの道を元気に上り下りしていた若者も今は、、、

2014082807.jpg


この坂道では一度も人とすれ違うことはありませんでした

2014082806.jpg


斜陽館 その2


斜陽館の表には派手な看板はありません

この庇の下に見えるものが全て、、、 全体の威容だけで十分わかるからでしょうか

2014082602.jpg


玄関を入ってすぐ2階への階段があります

その1階と2階の中間にある踊り場だけでこの広さです

2014082703.jpg



2階に上がってすぐの部屋がこちらの洋間

2014082603.jpg



2階の部屋の外は外周全てに廊下部分がありました

これも当時の防寒対策のひとつだったのでしょうか

2014082604.jpg



洋間の奥には主寝室を始め家族の部屋がありますが

2014082705.jpg


2014082704.jpg


  明治40年竣工

  昭和23年 角田家に売却

  昭和25年 角田家が旅館「斜陽館」開業

  平成8年 金木町が買い取る

  平成9年 復元修復工事

  平成10年 金木町太宰治記念館「斜陽館」開館

 
プロフィール

fragment

Author:fragment
写真が好きです。 「光」と「影」、「命」が気になります。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
FC2プロフ
メールフォーム
何かお気づきのことなどあればこちらでお知らせください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。